臨済宗方広寺派大本山 方広寺の公式ウェブサイトです。
文字サイズを変更します テキストサイズ小 テキストサイズ中 テキストサイズ大
TEL 053-543-0003
静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
[参拝時間]9:00~16:00
トップページ > 観る(観光のご案内) > みどころ(方広寺散策)

みどころ(方広寺散策)

方広寺の見どころや散策ルートを、写真とコメントを交えてご案内いたします。
今回一緒に境内を散策してくれたのは浜松を拠点に活動するプロ吹奏楽団 『フィルハーモニックウィンズ浜松』所属の小和田さんと仁科さん。普段からお寺巡りがお好きだというおふたりと一緒に境内散策の様子をお楽しみください。

第1回 参道入り口~半僧杉~本堂

第1回目は大鳥居から本堂までの道のりをご紹介します。
この経路は舗装された緩やかな坂道を歩きます。
途中五百羅漢や半僧杉などの見どころがあります。

参道入り口~門前町(★1)

方広寺参道入り口にある赤い大鳥居からスタート。
昔ながらの門前町で店先を眺めながら 歩くのも楽しみのひとつです。

総門(★2)

堂々とした佇まいの門(通称黒門)をくぐると いよいよここから方広寺の境内です。
入ってすぐ右手に受付があります。

森林浴を楽しみつつ散策(★3)

参道は深い緑に包まれています。
ところどころに安置されているのは石でできた五百羅漢。優しい表情で静かに参詣者を見守っています。方広寺の境内には自分に似た羅漢様がいると言われていますので、是非探しながら歩いてみてください。

石橋と五百羅漢(★4)

宝歴年中、三河の石匠親子ニ代によって作られ 明和7年に完成。
実は橋の上の羅漢様の数が見るときによって変わるという説があり、方広寺の不思議のひとつです。訪れる人の目を楽しませるスポットにもなっています。

半僧杉(★5)

右手にそびえ立つ立派な杉の木は「半僧杉」と呼ばれ、方広寺の鎮守様である「奥山半僧坊」の化身との言い伝えがあります。

本堂に到着(★6)

本堂に到着しました。
この本堂は明治38年から大正7年にかけて竣工されたもので、間口32m奥行27mの東海屈指の建物です。
中央の大額「深奥山」は山岡鉄舟居士の書によるものです。

>> 次回は方広寺の裏参道(昔ながらの自然道)を歩きます。

願う~奥山半僧坊大権現